相模原市中央区 外壁塗装・一般住宅塗装のプロフェッショナル

施工実例

現場での出来事や、作業の工程紹介などを書いています。

2017.08.05(土)

相模原市Sマンション屋上防水 フローンZERO4回塗仕上げ・アスファルトシングル プライマー下地 ヤネMシリコン2回 計3回塗り仕上げ・タイル全打診にて浮き及び割れ部分 撤去・貼り付け・ タイルカットによるタイル新規目地作り・タイル目地欠損部モルタル打ち込み・タイル洗い中性・弱酸性使用・タイル撥水塗装 大同アクアシール3回塗り・タイル目地及び新設目地変成シリコーン撤去・打ち替え・サッシュ廻り、階段長尺シート端末 変成シリコーン増し打ち・鉄部塗装 エポキシ錆止下地ウレタン仕上げ モルタル部分 アレスホルダーZ下地 ウレタン仕上げ・屋上アンテナ補修工事

  • 施工前 問題点 陶磁器タイルの浮き タイル目地欠損 目地シールの劣化が目立ちます。

  • 加工後

  • 施工前 問題点 ウレタン防水が経年劣化により亀裂が入っています。

  • 加工後

  • 施工前 問題点 アスファルトシングルはカビ・コケがありました。

  • 加工後

  • 施工前 問題点 タイル面がの汚れ・保護膜材の劣化

  • 加工後

タイル張りのマンションでしたが、RC構造にタイルを貼っているのではなく 下地がALCでした。しかしALC目地にタイルシール目地が打ち込んでおらず、タイルのモルタル目地がALC目地に沿って上から
下まで欠損する状況でした。この状況では何回タイル目地を打っても欠損は収まりませんので施主様とご相談し 上から下までタイル目地が欠損している場所のタイルを150~200程の幅でカットし新規目地を作り
その上にシーリングを打ち込むようにしました。横風が激しい雨の時にサッシュ廻りから雨漏りがする場所が何か所かあるとお伺いしていたので、そこのタイルを撤去して、ALCとサッシュの間に捨てシールを施し
タイルを新規貼り付けしました。それに合わせて屋上笠木も劣化し雨漏りの原因と考えられましたので今回新規の笠木を取り付けをご提案させて頂きました。
タイルは長年経ちますと浮きがで出来ますので、全打診し浮いている箇所をチェックし撤去・貼り替えし、タイル目地欠損部はモルタル打ち込みをご提案させて頂きました。

パック内容 外壁・防水・鉄部塗装
施工箇所 屋上防水・アスファルトシングル塗装・屋上笠木工事・タイル補修工事・タイル洗浄塗装・鉄部塗装・ケイカル天井塗装・シーリング撤去打ち替え・増し打ち工事・
施工内容 屋上防水 フローンZERO4回塗仕上げ・アスファルトシングル プライマー下地 ヤネMシリコン2回 計3回塗り仕上げ・タイル全打診にて浮き及び割れ部分 撤去・貼り付け・ タイルカットによるタイル新規目地作り・タイル目地欠損部モルタル打ち込み・タイル洗い中性・弱酸性使用・タイル撥水塗装 大同アクアシール3回塗り・タイル目地及び新設目地変成シリコーン撤去・打ち替え・サッシュ廻り、階段長尺シート端末 変成シリコーン増し打ち・鉄部塗装 エポキシ錆止下地ウレタン仕上げ モルタル部分 アレスホルダーZ下地 ウレタン仕上げ・屋上アンテナ補修工事
施工完了月 2017.08
加工前の状態

前回の大規模改修工事から約10年経過していましたので タイル部分浮きをチェック。また、何枚か割れている部部や落下している部部がありましたので あわせて撤去・貼り付けとなります。
下地がALCなのにタイルのしーる目地がそれに沿って打っていなかったのでALCの目地部分動くたび表面のタイル目地が動きます。そうすると表面のタイル目地はモルタルなので動きに追従できなくなって欠損してしまいます。そんな状況の場所が何か所もあり そこは上から下までタイル目地が欠損していました。また鉄部塗装は鉄階段の裏側が特に錆・剥離が酷く、表の長尺シートの端末が切れているため水が裏側に廻ったものと考えられます。色々あまりりの状況もお聞きしていましたのでそこを重点的に補修し、全体的にも雨仕舞を中心に工事を進めることを心掛けました。

記事一覧へ

お問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

〒252-0232 神奈川県相模原市矢部2-3-7
お問い合わせフォームはこちら

メールでの受付は24時間!

0120-900-812

お電話受付時間:9:00〜21:00