相模原市中央区 外壁塗装・一般住宅塗装のプロフェッショナル

施工実例

現場での出来事や、作業の工程紹介などを書いています。

2017.07.05(水)

相模原市 田加井様邸外壁ALC壁 関ペ コスモマイルドシリコン3回塗り仕上げ 屋根折半塗装 エポキシ錆止下地 関ペ スーパーシリコンルーフ仕上げ 2回塗り仕上げ 各種鉄部塗装 エポキシ錆止下地 ウレタン仕上げ 各階防水塗装 アトム水性防水材4回塗り仕上げ 遮熱トップコート 階段・廊下 旧塗膜撤去後 タキロン・タキステップ5WS貼工事

  • 施工前 問題点 外壁ALCの目地の劣化及び チョーキング・色あせ

  • 加工後

前回当社にて施工させて頂いたリピーターのお客様です。10年経過していましたので 外壁ALCがチョーキング現象、一部クラック等が見受けられ、外壁塗膜も日当たりの良い場所は色あせがありましたので
お塗り替えの時期としては妥当だと考えられます。前回同様シリコン塗料をご提案。また、鉄部・折半屋根等の所謂鉄部塗装も錆が一部見られましたので錆止の上ウレタン仕上げをご提案です。
各階ベランダ床部分は塗膜防水が入っていましたので雨漏りの無いように防水塗料にて施工。 解放廊下・階段はウレタン防水が剥離状態で全て撤去しないといけない状態でしたので、撤去後 ウレタン防水ではなく
マンションの階段・廊下等で使用されている長尺シートを貼ることをお勧めいたしました。また、ALC目地が竣工時から一度もシーリングされていませんでしたので今回は目地全てウレタンノンブリードにて
増し打ちし雨水が完全に入らないようにご提案させて頂きました

パック内容 外壁・屋根塗装
施工箇所 外壁ALC壁・屋根折半・軒裏塗装・各種鉄部塗装・各階ベランダ防水塗装工事・階段・廊下長尺シート新規張り替え工事・網入りガラス破損部分による撤去・新規取付工事
施工内容 外壁ALC壁 関ペ コスモマイルドシリコン3回塗り仕上げ 屋根折半塗装 エポキシ錆止下地 関ペ スーパーシリコンルーフ仕上げ 2回塗り仕上げ 各種鉄部塗装 エポキシ錆止下地 ウレタン仕上げ 各階防水塗装 アトム水性防水材4回塗り仕上げ 遮熱トップコート 階段・廊下 旧塗膜撤去後 タキロン・タキステップ5WS貼工事
施工完了月 2017.07
加工前の状態

10年経過している割には 剥離・酷いクラックは見受けられませんでしたが、やはり色褪せが全体的にみられました。特に南側は北側の倍以上の薄さまで褪せていました。壁には色々ありますが、こちらのALCの場合は1枚物を張り付けていく過程でその間を全てウレタンコーキングで埋めていきます。新築時から10年位で目地コーキング状態が良い場合には施主様にご説明してお打合せを重ねて、最終的に施主様のご意向に沿い
塗装のみの場合と、シーリング増し打ちを行う場合がございます。ただ、今回は20年以上経って 目視の状態でもコーキングが痩せて割れていましたので今回はシール増し打ち工事は必須とのご説明をし納得して頂けました。鉄部関係は状態がよく今回もエポキシ錆止めをしっかり塗り、ウレタンで仕上げさせて頂きました。各階防水塗装も目立って割れていたり、剥離している場所はありませんでしたが、やはり10年前後で
一度しっかり防水塗装しておけば安心です。解放廊下・階段はもう旧塗膜が剥離し、水が入っているような状態でしたので、一度全撤去し 下地調整。再度ウレタン仕上げでも可能ですが、最近は見た目、強度、施工時の居住者の通行性を考えますとマンション棟で使われている長尺シートを貼る事をお勧めしています。アパート・マンションをお持ちの方はご検討をお勧めします。

記事一覧へ

お問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

〒252-0232 神奈川県相模原市矢部2-3-7
お問い合わせフォームはこちら

メールでの受付は24時間!

0120-900-812

お電話受付時間:9:00〜21:00